あまり知られていませんが、バイクは売る時期によって価格が異なります。 高く売れる可能性があるのは、4月、7月、12月です。 4月は一般的に新生活が始まる季節なので、バイクを通勤・通学手段として使用する人が増えます。 また、免許を取ったばかりの人が、バイクを購入するケースが多いのもこの季節です。 そして、7月はツーリングを楽しみたいという人が増えるので、バイクの需要が高まります。 そのため、積極的に買取・下取りを行う業者が増えるのです。 それに、12月はバイクに関するイベントが増えて需要が高くなり、それに伴って売却価格もアップする傾向があります。 このような時期にバイクを売ると、通常よりも高い金額になることが多いので、売るのをちょっと待ってみるのも良いかもしれません。 ただし、あまりにも売るのが遅いと、これらの時期に売っても大した金額にならない可能性もありますから気をつけてください。 基本的にバイクは、早く売った方が高く売れるため、売りたいと思った時が最もベストなタイミングだといえます。